介入型の治療にもこだわる

ここでは、より詳細な情報をお届けします

  • 急速に拡大している侵襲性腫瘍学は、内科、外科、放射線腫瘍学などの専門分野と並んで、臨床試験の要となっています。当センターのインターベンショナルオンコロジープログラムでは、がんの診断、治療、症状の緩和などを目的として、画像診断のもと、標的を絞った低侵襲の治療を行います

  • がんの患者さんは、可能な限り侵襲的な処置の必要性を最小限に抑えることを目的として、低侵襲治療を治療計画に組み込むために、インターベンショナル・オンコロジストに紹介されます。インターベンショナル・オンコロジストは、がん治療に加えて、大腸内視鏡検査や内視鏡検査などの診断処置を行うこともあります

  • 当センターのがん啓発活動は、個人の治療計画に携わる他の医師やクリニックと頻繁に連携し、患者さんの経過を把握し、必要に応じて治療計画を変更することで成り立っています。 また、私たちの統合的な治療アプローチに沿って、副作用の管理や生活の質の向上を支援しています

当センターの腫瘍啓発活動は、患者さんの治療計画に関わる他の医師やクリニックと密接に連携して行われ、結果を評価し、必要に応じて治療方針を調整することを目的としています

癌の情報は重要です

また、セラピストは、包括的な治療戦略に基づいて、副作用の管理や患者の生活の質の向上をサポートします

肺疾患の治療に薬剤を使用する肺科学の一種です

インターベンショナル・プルスモロジー

肺は扱いが複雑な臓器です。 インターベンショナル・パルモノロジーの専門家は、がん患者だけでなく、呼吸器系の病気や感染症に苦しむ患者にも、侵襲性の低い治療法を提供します。 インターベンショナル・パルモノロジーの専門家は、肺がん、肺炎、気管支炎、肺気腫、喘息など、気管を介した肺の病気の診断と治療のエキスパートである。 この専門家グループは、高度な気管支内視鏡や胸膜鏡などの低侵襲的手法を用いて、気道や胸腔内の介入手術を行います

消化器内科

インターベンショナル・ガストロノロジーの専門家は、大腸がん、膵臓がん、食道がん、胃がん、肝臓がんなど、さまざまな消化器系の悪性腫瘍の診断、診断、高度な治療の提供に高い技術を持っています。 消化器系に転移した肺や乳房の悪性腫瘍だけでなく、大腸がんやその他の消化器系疾患の危険因子であるバレット食道のような前がん状態の疾患に対しても、消化器内科医が治療を行います

プレシジョン・メディシン施設とオプション

最も根拠のある治療を行うための方法

精密医療はどのように機能するのでしょうか?

がん治療の選択肢や精度を十分に理解するためには、新しくて複雑な健康に関する事実を踏まえることが頻繁に必要となります。遺伝子検査やゲノム検査で何を期待すべきか、その情報をどのように治療や予防計画に活用するか、臨床試験があなたにとって実現可能な選択肢かどうかなど、詳しく知りたい方は当センターまでご連絡ください。分子腫瘍委員会とは、定期的に会合を持ち、それぞれの患者さんの病気を効果的に治療するための情報や提案を共有する専門

家のグループです。これらの専門家が協力して、患者さんの特定のニーズに合わせてカスタマイズされた医療計画を作成し、必要に応じて治療のモニタリングや調整を行います

プレシジョン・メディシンは急速に進化している医学研究の分野であり、高度な遺伝子検査や、標的療法や免疫療法などの新しい治療法は、臨床医と患者さんが十分に話し合った上で選択する必要があります